生活習慣を少し変えるだけでも冷え性は改善されます 


医者に頼らない生き方 冷え性を改善する35の方法



世界最小レベル超低分子シルクアミノ酸!シルキナで短期間にキレイを実現【シルクアミノ酸配合 美容食品 【シルキナショップ】】世界最小レベル超低分子シルクアミノ酸!シ...
980円
【シルキナ】グミタイプの新しい美肌発想。内側からキレイに!シルクアミノ酸 冬虫夏...

Ads by 電脳卸
アレルギー、アトピー、リウマチなど免疫疾患の方にお勧め!21世紀食品の世界発明品と言われる免疫ミルクが、バージョンアップしました。MPC配合で新しくなったスターリミルク「サステナ」5日分 送料無料!【MPC配合で新しくなったスターリミルク 【サステナショップ】】アレルギー、アトピー、リウマチなど免疫疾...
1,980円
MPC配合で新しくなったスターリミルク【サステナ】アレルギー、リウマチ、喘息、膠...

Ads by 電脳卸
【デッド・シー・クリーミーソルト】2個購入で送料無料!【オンラインショップ104】【デッド・シー・クリーミーソルト】2個購...
3,129円
『肉喰いマッサージ』と呼ばれるほどの威力でムダをごっそりッ!たっぷり使える大容量

Ads by 電脳卸

  

☆ ブログラム参加中!応援ポチっとお願いします! ☆ blogram投票ボタン

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.07.09 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

青汁は誰がいつ考えたでしょう

青汁は誰がいつ考えたでしょう
 
 
 
 医学博士・遠藤仁郎先生が戦中の食糧不足のさなか、いかにして効率良く栄養分を摂ることができるかと考えられました。
 
 
 そこで思いついたのが「緑の葉だ!野菜の葉ならいくらでもある!動物はみな緑の葉を食べて、元気じゃないか」ということでした。
 
 緑葉食に興味を持った瞬間なんですね。
 
 
 当初は捨てられた大根の葉を拾い集め熱湯に浸し、陰干ししたものを食べていたそうです。
 
 やはり食べにくいのと、生で食べればより効果があるのでは?と思うようになりました。
 
 試行錯誤された結果「ジュースにすれば口も通りやすくなり、たくさん飲めるのではないか?」ということでした。
 
 これが今日まで続く青汁の出発点となっているんですね。
 
 
 昭和24年、博士は園芸書を通じ「ケール」の存在を知りました。ケールがビタミン・ミネラルを非常に多く含んでいるのがわかったのです。
 
 しかし、ケールはなかなか手に入らず、博士がアメリカよりケールの種子を入手されたのは5年後の昭和29年だそうです。
 
 
 今でもケールは青汁健康法に無くてはならない存在です。
 
 
この 遠藤博士の青汁「みどり」 はケール100%です。  

野菜が嫌いで不足するもの

野菜が嫌いで不足するもの
 
 
 
 野菜が大好き、大嫌い、さまざまな人がいます。
 
 
 野菜が好きだけど、外食中心で食べる機会が少ない。
 
 子供がどうしても野菜を食べてくれない。
 
 
この 遠藤博士の青汁「みどり」 はケール100%です。  
 
 
 ダイエットを考えていると、食生活が大事になってきますね。
 
 バランスよく低カロリーな食事も難しい場合もあります。
 
 
 青汁なら野菜にある栄養を補うことができ、食物繊維も豊富で便通への効果も期待できますね。
 
 ケールは南フランスを原産地とするキャベツの原種で優れた緑黄色野菜です。
 
 ケールは食生活で不足しがちな、食物繊維、カロチン、カルシウム、鉄、リンなどのビタミン・ミネラル類も豊富に含んでいますよ。
 
 
 

ケールは優れた緑黄色野菜

ケールは優れた緑黄色野菜
 
 
 
 「ケール」はなぜ身体にいいのでしょうか?
 
 ケールとは、南フランスを原産地とするキャベツの原種で優れた緑黄色野菜で、欧米ではロールキャベツなどに用いられていますよ。
 
 ケールの豊富な栄養素に注目、青汁は考案されました。
 
 
 普段食物繊維を摂取できる食生活になっていますか?ケールは現代人の食生活に不足しがちな、食物繊維はもちろん、カロチン・カルシウム・鉄・リンなどのビタミン・ミネラル類も豊富に含んでいますよ。
 
 特にビタミンAはキャベツの約200倍と目立ちますし、野菜類では群を抜いてビタミンEの含有量が多く、さらにナトリウムの排泄に大切な働きをするカリウムも多く含まれています。
 
 
 ケールには以下の優れた成分がありますよ。ケールの効能の秘密がここにあります。
 
 ビタミンAは、キャベツの約200倍、 ほうれん草の約7倍、にんじんの約3倍。
 
 食物繊維は、ひじき(乾)の約3倍、きくらげ(乾)の約2倍。
 
 カルシウムは、こまつ菜の約20倍、牛乳1本の、約10倍、ひじき(乾) 約2倍。
 
 鉄分は、モロヘイヤの約5倍、ほうれん草の約4倍。
 
 
 これだけ見てもケールは優れた緑黄色野菜だということがわかりますね。
 
 しかも近年、人気の「メラトニン」も豊富に含んでいることが判明しましたよ。
 
 
この 遠藤博士の青汁「みどり」 はケール100%です。  


最新記事

カテゴリー

archives

おすすめ リンク

フリースペース

  

  

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM